スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

提案があります!

昨年は日本各地を回らせてもらって、
如何に耕作放棄地だらけなのか!
を実感した年でした。

大都会に行けば何とかなるだろう…
と思って沢山の若者達が、
この薄汚れた僕の生まれ故郷
東京に集まってくるのだが、

ご存知の如く、就職難の上、
たとえ就いたとしても低賃金、
ボーナスゼロ。

これでは笑顔なんて見れる訳がない!

農協を解体して、世界に向けて農産物を輸出したり、
若者達に農作業法を教える会社にしたらどうだろう!

頼りない政治家達に!これだけは
何とか頑張ってもらいたいものだと
痛感するのだが…

どうだろう

賛同してくれる人はいますか?


Chuei
[ 2011/01/05 18:59 ] ブログ記事 | TB(-) | CM(4)
!!
先日のLiveでも結構大きく取り上げていたこの命題、大賛成!ただ、輸出に目を向けることより、自給率を高める取り組みの方が先だと思います。自由化に反対するのではなく、価格に惑わされない消費者の確かな選択力を養う、要するに安いだけで不安の多い作物を需要と供給の関係から排除する。30円高い国産大豆使用納豆の選択とか(^.^)、生産者の見える商品選びなどなど、プレミアを狙う取り組みより、地産地消(国内生産国内消費)を進めることが先決だと思います。ただ、農業は気候に左右されやすい産業ですよね。そんな不安要素さえも支えられるような、消費者の賢い目を作っていこうではありませんか!
[ 2011/01/05 19:26 ] [ 編集 ]
賛同します(^^)v
大賛成~(^_-)-☆
若者の叡智に期待します。
受け入れる地方都市は、沢山ありそう。
名乗り上げて!!
[ 2011/01/05 19:45 ] [ 編集 ]
No title
具体的に私に何が出来るか、正直解りませんが、いろんな角度からアプローチを考えてみます。

昨年の浅虫ライブを開催したときにいらしていた、浅虫の開業医のI先生も、I先生なりに頑張っておられます。
「活き粋あさむし」
http://www.ikiiki-asamushi.net/ikiiki-nouen.html

また、「わさお」で有名な鰺ヶ沢にも、独自に頑張っておられる農家の方の会社があります。
「白神あぐりサービス」
http://www.shirakami-agri.com/index.html
http://www.shirakami-agri.com/index3.html
(私が以前仕事をしていたNPOとのつながりで知りましたが、忠英さんの考えに通じるところがあると思います。)

都市と地方が、どちらかに偏るのではなく、シンクタンクのような関係を保ちながら、地方が媒体となれれば良いのでは…と思います。

もし、私にも出来る事があれば、喜んでお手伝いいたします。
[ 2011/01/05 22:22 ] [ 編集 ]
賛成です!
就職難だかんだと騒ぐ前に、日本には伝統的な第一産業というものがあります。
若者の農業従事者を増やすことで、輸出入間税が緩くなったとしても、十分世界と渡り歩いていける日本になり得ると思いますよ!
海外の資源に頼らないと行けない産業より、国内で十分回していける農業に国を挙げて力を入れるべきですね!

『明るい農業』
まさしくこの曲の如く
[ 2011/01/07 17:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
New Album
AIRY FACE

吉川忠英NEWアルバムのご購入はこちら

AQUA FACE

吉川忠英NEWアルバムのご購入はこちら

Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。