スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

関西2日目は貝塚市へ。

昨夜 栗東市で僕はやらかしちゃったのです!
CHAGEのMCの間に、
次の曲 「紫野」のガットギターに
余裕を持って早めにカポを着けて、
さぁいつでも来い!と…、

MCが終わり、ベースの等くんに目配せをして、
カウントを出し美しいイントロが流れ出る…

筈だったのが、なんとも形容し難い
モノスゴイ不協和音が会館中に響き渡ったのであった!

何が何だかわからない僕が、
ふと手元に目をやると…、
原因がそこに堂々と横たわっているのであった!

カポは2フレットに付けられている筈が、

ナント!

3カポになっているではないか!

ベースと半音ずれていたのだ!

当然、「紫野」は急停止。

そこで僕は何かギャグをかまそうと、
「すみません、もっとピ栗東しなければねぇ!」
と言おうとしたが、
曲の趣を壊さない為にも、
ここはぐっとこらえて、
真面目に再スタートを切った次第でありました。

chuei

[ 2010/07/11 13:54 ] ブログ記事 | TB(-) | CM(2)
やったね!
やりましたね!
そういうアクシデント、ライブならではですね。
私は好きですよ。
応援している女性歌手の方もたまに歌詞が飛んだり、間違えたり
しますが、そんなことはなんのマイナスにもならないどころか、
笑いが生まれてかえってこちらの気持ちもほぐれて、印象に残るライブになったりします。
カラオケのCDが音飛びして、感動的な名曲が途中で台無しになった方もいましたが、アカペラで歌いなおしてさらに感動したこともありました。
趣は大事ですが、いい曲は始まってすぐにその世界に引き込まれるので大丈夫です。
そのギャグ聞きたかったなぁ、ライブで。
[ 2010/07/12 01:23 ] [ 編集 ]
No title
猿も木から落ちるじゃないですが師匠もそう言うことがあるんですね~でも、人間だから当たり前でしょう・・

プロの人から見ると駄目という人もいるかと思いますが、そういう人間味のある忠英さんがおいらは好きですし、Liveに参加したCHAGEファンの方々も気にしてないと思います。

これから始まる北海道ツアーで気分転換してきて下さい、北の大地は優しく迎えてくれますよ~v-218! 
[ 2010/07/12 08:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
New Album
AIRY FACE

吉川忠英NEWアルバムのご購入はこちら

AQUA FACE

吉川忠英NEWアルバムのご購入はこちら

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。